FC2ブログ

女優としての前田敦子『旅のおわり 世界のはじまり』

私は、元AKBメンバー『前田敦子』ちゃん、通称『あっちゃん』には、2年ほど前まで全く興味が無かった

なので、歌ったり踊ったりしている彼女の事はほとんど知らない

まあ、映画『伝染歌』『もしドラ』『クロユリ団地』などは観ているんだけど、特に彼女推しという訳ども無く

ただの元アイドルの女優さんくらいに思っていた、どちらかと言うと『大島優子』派であった(^-^)/

それが何故、2年前くらいから気になりだしたかというと、その頃出会った女性が、かなりの『前田敦子』似なのであるwww

似ている知り合いが居ると、意識して見るようになり始め

彼女主演の『もらとりあむタマ子』を観たのもこの頃だった気がする

『シン・ゴジラ』『散歩する侵略者』『のみとり侍』などでは、チョイ役ながらも独特な存在感を放ち

私の中で、ドンドンその存在が大きなものになって来ており、女優として注目しております!

そしてこの作品である!

SzXRy22YG0uGN8H1560598867_1560598877.jpg

『旅のおわり 世界のはじまり』

『黒沢 清』監督とは古くからの付き合いで、これが3本目とのこと

『散歩する侵略者』での『あっちゃん』の演技は、狂気に満ちて凄かったので、今回も期待した訳ですヾ(・∀・)ノ

とは言え、『黒沢 清』と言えばホラーの巨匠なんだけど、今回な題材はかなりの新境地である!

観る前は、『ミステリーハンター』の現実みたいな感じで、コミカルな作品だと想像していたんだけど

そりゃあ『黒沢』監督だもんねwそんな訳もなくwww

『ウズベキスタン』という、場所が何処なのかも分からないような土地で、将来の夢と現状に苦悩しながら奮闘する『ミステリーハンター』をリアルに描いていて

リポート部分以外は、ほとんど笑わっず、セリフも少なかったけど、苦悩しながらも行動力抜群な『葉子』を見事に演じ切ってましたよ!

笑わなくても『あっちゃん』可愛かったよ❤️

Rj_CRJ_BNdlcG1X1560598894_1560598899.jpg

撮影スタッフ演じる『染谷将太』『柄本時生』『加瀬 亮』も、東京のスタッフにいかにも居そうな感じで笑えました(^-^)/

まあ、このスタッフは余にも無計画すぎるとは思ったけどね\(^o^)/

そして、何と言っても圧巻なのが『あっちゃん』のアカペラ『愛の讃歌』(o‘∀‘o)*:◦♪

とんでもない絶景の中での彼女の歌声は心に響いたなー.゚+.(・∀・)゚+.

なんせ彼女の歌まともに聞くのなんて初めてだし、この映画で彼女が歌うなんて全く知らなかったし

鳥肌モノでしたね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

もう少し、映画が続くのかと思っていたら、彼女の歌終わりでタイトル『旅のおわり 世界のはじまり』がドーンと出て

え?終わり??と、拍子抜けした所もあったけど、彼女の新しい世界がスタートしたのだと

これから彼女には、輝ける未来が訪れるのだと、映画的表現として素晴らしかったんじゃないだろうか!

あ、なんでミステリーハンターがアカベラで『愛の讃歌』歌うのかっていう疑問は、映画観てない人には訳分からないだろうけど、説明が面倒なので内緒ですww

黒沢作品としては、かなり異色ではあったけど、サスペンスシーンも有ったし

成長物語としては素晴らしい作品でした.゚+.(・∀・)゚+.

あっちゃん最高!

サスペンス尽くしな週末

『神宿』は仙台である、現在新メンバー育成中のため楽曲に制限があり

私の大好きな『必殺!超神宿旋風』『Action!』『Life is やっぱ Beautiful!』が封印中

なるべく早く『塩見きら』ちゃんに覚えてもらって、復活する事を心待ちにしている今日この頃

みなさんいかがお過ごしでしょうか(^-^)/

仙台は遠いので、今週も映画ネタである|v・`)ノ|Ю

レンタルでサスペンスを3本借りて来ましたよo(^▽^)o

まずは『蜘蛛の巣を払う女』

sasp.jpg

アメリカ、スウェーデンの合作サスペンスである!!

天才女性ハッカー『リスベット・サランデル』が活躍するシリーズで、『ドラゴンタトゥーの女』の続編に当たる作品である(^∇^)ノ

前作『ドラゴンタトゥーの女』は推理サスペンスの色が濃かったのに対し、今回はかなりアクション要素が多く
かなり楽しめた!

雪のスウェーデンを舞台に、展開するアクションは独特な雰囲気で

バイクを乗りこなす『サランデル』はもちろん、それを取り巻く仲間たちもカッコ良く

特にアメリカNSAの職員さんってこんな事まで出来るのかとw驚きもしたけど痛快でしたよヽ(≧∀≦)ノ

ヨーロッパ特有のゲスな感じも出ているし(前作ほどでは無い)

色使いも素晴らしく、真っ白い雪の中での赤いドレスの女が印象的でした!

今年観た映画では一番面白かったかもしれないv(o゚∀゚o)v

オススメです.゚+.(・∀・)゚+.

次は本当はこれを観たかった

sasup2.jpg

シャマラン監督の『ミスターガラス』

以前から大人気で、全て貸出中である、、、、、

この作品は3部作の3作品めで、前作『アンブレイカブル』『スプリット』も以前は貸出中だったんだけど

今回はその2作品を借りる事が出来ました(o‘∀‘o)*:◦♪

『アンブレイカブル』は2000年公開当時、劇場で観てるんだけど、記憶が曖昧

『スプリット』に至っては、『ミスターガラス』が劇場公開されるまで、その存在すら知らなかったww

なので、『ミスターガラス』を観る前に、この2作品は観ておかなければいけない作品な訳である

sasup4.jpg

公開当時、地味な作品のため『シャマラン』監督の出世作『シックスセンス』ほどヒットせず

まさか続編が作られるとは全く思ってなかった

スーパーヒーローの素質がある存在は実は居るんだけど、本人も気が付かないうちに一生を終えてるかも?

みたいなのがテーマなんだけど、ラストの判明する事実がビックリするくらいで、まあ『シャマラン』っぽい作品だよねーww

『ブルース・ウィリス』と『サミュエル・L・ジャクソン』出演で成立してるけど、なんせ地味ですねww

sasup3.jpg

続いて『スプリット』!

前作から、なんと17年かけての続編である

『シャマラン』作品は結構観てるんだけど、この作品は知りませんですた

全く無知識で観たもんだから、内容が全く予想出来なかったんだけど

多重人格障害とエスパーを関連付けた、なんとも凄い発想の作品である

『アンブレイカブル』の時から、このキャラクターの発想は有ったらしいんだけど

続編制作にはかなり苦労したみたいね

まあ、登場する女の子も可愛いし、観ていて飽きないサスペンスなんだけど

やっぱり『シャマラン』作品は、ラストのオチがあまりにも印象的で、それしか記憶に残らないというパターンが多くて

この作品に至っては、『ブルース・ウィリス』の登場がオチだったりするから、役者に頼りすぎな気がするなー

あ、散々言ってるけど、決して『シャマラン』作品嫌いじゃ無いですよW(`0`)W

そのオチを観るために見てるとみたいな所有るからね(^-^)/

作品全体の雰囲気も好きだし、必ず劇中に登場している監督本人のお姿も楽しみだったりしてます!

『ミスターガラス』は3部作の集大成だろうから、必ず観ますよ!

にしても、いつレンタル出来ることやら、、、、、、、、、

ゴジラ キングオブモンスターズ感想

夏から年末にかけ、ハリウッド制作の続編超大作が目白押しである!

マーベルには全く興味がない私は『アベンジャーズ』はスルーしましたが

『スターウォーズ』を筆頭に『IT』や『ターミネーター』など、期待作目白押しである(^∇^)ノ

中でも『ターミネーター』は元祖『ジェームス・キャメロン』がプロデュースする

本家本元の続編!『リンダ・ハミルトン』も出演するみたいで、期待が高まります(^-^)/

今までの『3〜5』の話を無かった事にするのか、上手い具合に間の話を作るのかは分からないけど早く観たい作品である♪(/・ω・)/ ♪

現在のハリウッドは、中国資本に汚染されており、オチが中国びいきな作品がかなり多い

だけど、どうやら中国資本の追い出しに成功して、2〜3年先の作品からは浄化した作品に戻るとの噂も聞きます

どうなんでしょうね??

日本国内の映画も基本制作が『電通』プラス『テレビ局』だから、中国、韓国の資本が大量投入されているから

『空母いぶき』(テレビ朝日制作)のような作品が生まれてしまうんだろうね

日本映画の未来は暗いなー( ̄^ ̄)ゞ

そんな中、なんか映画でも観ようと思ったんだけど

『空母いぶき』など絶対見ないし、『名探偵ピカチュウ』?無いよねww

中国史に全く興味ないし、漫画も読んでない『キングダム』も、中国に媚びてる映画に思えるし

『貞子』はレンタルで十分な気がするし

せっかく大きなスクリーンで観るのならと、こちらを選択!

Nz1hTWBAAGH1FcB1559460838_1559460895.jpg

『ゴジラ キングオブモンスターズ』!

予告で流れる映像が美しかったので、観てきましたよo(^▽^)o

流石に日曜の午後だけあって、家族づれが多く、ポップコーンの匂いが充満する最悪な状況での鑑賞でしたが

まあまあ面白かったです!

とにかく映像が美しいし、『ゴジラ』や『モスラ』の登場シーンにはおなじみの音楽流れるのが一番嬉しかった.゚+.(・∀・)゚+.

『キングギドラ』や『ラドン』のテーマは流石の覚えていないので、ひょっとしたら使われていたのかもしれないです

大迫力だったのが『ラドン』出現からの脱出バトルシーンで、見応えがありましたよ!

『ギドラ』『モスラ』の描写がひたすら美しく、劇場で観れて良かったですよ(o‘∀‘o)*:◦♪

少女の視点からの描き方や、古代文明との関連なんか『平成ガメラ』に通ずるところがあって楽しめましたよ(* ´ ▽ ` *)

クレジットの最後に初代『ゴジラ』役者『中島春雄』氏の追悼コメが入るのがグッときます!

ここからネタバレ注意です

qagP2JVG3Ed4kJJ1559461839_1559461850.jpg

ただ、タダである、言いたいことは沢山ある!!!

まず、この主要4怪獣以外にも、数多くの怪獣がチョコっと登場しているんだけど

アメリカ人が考える怪獣って、どうしてこんなにセンスないんだろう??

まあ、あまりカッコいい怪獣だと目立ってしまうのを避けたにしても、『マンモス型』以外は、ほぼ形すらわからない状態、、、、

ひどいものでした

そして、アメリカ人の核に対する認識の低さは相変わらずである、、、、、

傷を負った『ゴジラ』を覚醒させる栄養剤くらいにか考えていない

『渡辺 謙』演じる『芹沢博士』の自爆という感傷的なシーンにはしてはいるけれど

その核爆発によって復活した『ゴジラ』が大暴れする『ボストン』の街の被曝や

主人公たちも、かなり汚染されているだろうし、放射能に対する認識が全く無い

アメリカ人は国民に対して、核は只の大きな爆弾ですよ!くらいの認識を植え付けたいとしか思えません、、、、

『シンゴジラ』で、「日本でもう絶対核は使わせない」というメッセージは全く伝わっていないみたいだね

悲しいことです、、、、、

どうやら、まだまだ続編は続くみたいですが、次はもう観ないかな( ^ω^ )

ノルウェー映画『ウトヤ島、7月22日』

予告通り、ネタを作りに静岡の街に行ってきました!

と言っても、映画観てきただかだけどねww

今回出掛けたのは、静岡市内に昔から有るミニシアター『サールナートホール』

H_4ksohONLrMKKS1552737745_1552737865_convert_20190316210539.png

昔から存在は知っていたんだけど、作品を鑑賞するのはこれが初めてで有る

なんともモダンな建物で、今まで来た事がないのが無いのが不思議で有る

最近は、派手なハリウッド映画に飽き飽きしているのもあって

今回のチョイスはこちら

3cb694bfc8a8b4eb_convert_20190316210555.jpg

『ウトヤ島、7月22日』

なんと、ノルウェーの作品で有る

2011年に、ノルウェーで実際に起こったテロ事件を再現した

72分のワンカットムービーである

この作品を知ったきっかけは、Twitterの広告で、初めはハリウッド資本の良くあるサスペンス映画なのかと思ったんだけど

調べてみたら、ノルウェー作品で、何よりこのポスターの女性のビジュアルに魅かれてしまったんだよねww

ビジュアルは大事である!

オスロの市庁舎での車両爆弾による爆破事件と、オスロから40キロほど離れた『ウトヤ島』での銃乱射事件で
合計77人の方の命が奪われ、それがなんと単独犯による犯行という驚きの事件

島で被害にあった1人の女性を中心に、逃げ惑う人々を描いているんだけど

日本人にとって、テロというのは案外遠い場所での出来事のように感じている部分が大きい気がするんだけど

ヨーロッパの人にとって、ましてや2011年の当時はテロはかなり身近な恐怖だったと思うんだよね

ノルウェー労働党青年部の『サマーキャンプ』での出来事だったらしいんだけど、いきなりの銃乱射は

『アルカイダ』の仕業かとか、とてもリアリティーある構成になっている

ラストは、あまりにも切ない、やりきれない気持ちになってしまうんだけど

まあ、それがリアルって感じなのかなー

テロと、戦争について改めて考えさせられる作品でした



なんせワンカットなので、作りが荒い部分は有るけど、あれだけの長時間、大人数を撮影し続けるには

並々ならぬ前準備と、尽力が想像でき、よくぞ撮ったという拍手である!!

ノルウェー映画やるじゃん!って感じでしたよ(^-^)/

BGM一切無し、ラストの字幕部分にも音楽無しってのも徹底していて

ハリウッドの商業映画では絶対にできない作風だよねo(^▽^)o

最近味わった事のない、感覚を味わう事ができて楽しかったよ

ヨーロッパ映画、もっと観ようかな!

予告で観たベルギーの映画『ギルティ』も面白そうだったし、これからもヨーロッパ映画注目して行こうかな( ^ω^ )

続きを読む

やっぱり凄かった『ミッションインポッシブル フォールアウト』

何の気なしに見た映画が想像以上に面白かったのでレビュー(^-^)/

フォールアウト

『ミッションインポッシブル フォールアウト』!!

前作『ローグネーション』もかなり面白かったから、今度は是非劇場でと思っていたんだけど

タイミングが合わずBlu-rayでの鑑賞になってしまったんだけど、、、

やっぱり凄いわこのシリーズ.゚+.(・∀・)゚+.

2018年度映画ベストワンにあげる人も居る傑作である!

いつものメンバーのチームプレイも小気味好いし

フォールアウト2

何と言っても、パリの街中ど真ん中でのカーアクション!!

実は私も、パリの凱旋門周辺を、レンタカーでちょびっと走った事があるんだけど

あの道の狭さ、車の量、おまけにスクーターも大量に走っているという状況ww

よくあの道路状況の中で、あれだけのアクションが出来たなとヽ(≧∀≦)ノ

まあ、凱旋門のロータリーは一瞬しか無かったけど

度肝を抜かれるほどの、本物カーアクションである☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

最近は、フィルムコミッションや、都市が協力的なのかな???

ほとんどスタントを使わない『トム クルーズ』のバイクスタントも素晴らしく

50歳を超えてるとは思えない、身体能力!!

フォールアウト3

終盤のヘリコプターのチェイスでも、実際にヘリを操縦しているらしいww

頭が下がりますo(^▽^)o

ノンストップアクションって言うのは、こう言う作品の事を言うんだなー(o‘∀‘o)*:◦♪

トム様の体力がどこまで続くか分からないけど、これからも注目して行きたいシリーズだね.゚+.(・∀・)゚+.
プロフィール

カムイ

Author:カムイ
ようこそ、辺境の地へw少しづつ進化して行こうとおもてますのでよろしくお願いします

Twitterアカウント kamui8472

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR