傷物語Ⅱ熱血篇 観てきたよ!

最近は特にハマっているゲームもなく、そこそこグッスリ夜寝ているせいか、休日映画を観に行く心と体の余裕が有るので、またまた映画を観に行ってきましたよヽ(´▽`)/〜♪

傷2−1_convert_20160820203206

て言うか、待ちに待った第2弾『傷物語Ⅱ 熱血篇』

まずは、劇場でこの広告を発見!

傷2−2_convert_20160820203246

なんとか無事に最後まで観る事が出来そうだとひと安心(*´ω`*)

早速、今回のパンフレットと、第3弾のムービーチケットを購入しましたよ!

そして、今回は公開2日目という事で、早期来場特典の『西尾維新』の書き下ろしミニストーリーもゲット!!

傷2−3_convert_20160820203324

これは、正直諦めていて全く期待していなかったので、かなり嬉しいプレゼントでしたo(*>▽<*)o

多分このシネコンで一番大きなスクリーンだと思うんだけど、観客は100%男性だったww

今までの私の印象では、『物語シリーズ』は女性ファンが多いと云うイメージだったんだけど、この状況がタマタマなのか、いつもの事なのか、アニメは男性が支えているんだと実感しましたww

さて内容ですが、今回も劇場作品だけあってかなりエグイシーンの連続でした

でも、今までの私のイメージでは『阿良々木』君は決して強いキャラでは無く、いつも作戦勝ちや、偶然や状況で勝利している印象だったんだけど、今回は違いました

本気になったというか、我を忘れた『彼』のパワーは半端じゃなかった

さすが『キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード』の『眷属』である

前回の『メメ』の登場シーンに引き続き、そのスピーディーな描写は一見に値します(๑・ω・)ノ

『キスショット』も美しく、可愛らしく描かれていて、テレビシリーズの『忍』とは違った意味での魅力がある(^q^)♡

この『キスショット』のデザインチェンジで、離れてしまったファンも居るかもしれないけど、私としては、あれはあれ、これはこれで、どっちも大好きである(`・ω・´)キリッ

『羽川 翼』とのやり取りは、かなりコミカルに描かれていて、チョット長い気もしました

もっとアクションシーンに時間を使って欲しかったなー、いつものパターンで他のマンガの絵がちりばめられているんだけど『蛭子能収』や『とりみき』などスタッフのマニアックさが伺える(*´ω`*)

サントリー『DAKARA』のCMネタは原作時の時代放送されていたCMネタなのかな?ナカナカ笑わせて頂きましたo(^-^)o

私の一番の疑問は、今後の展開を知っているだけに、これだけの事が有って、これだけのやり取りが有って、何故『阿良々木 暦』と『羽川 翼』が恋に落ちなかったのか?

新参者の『戦場ヶ原ひたぎ』とくっついてしまったのか、これは『阿良々木』に大きな罪が有ると思うよ!

『羽川』さんが『化け猫』化してしまう気持ちも分かります

私は『羽川』さんの味方である!

『シュタインズゲート』の『紅莉栖』と『まゆしぃ☆』と同じで、アニメの主人公は何故いつも新しい女にばかり行ってしまうのか、、、、、

そして、今回の映画観ながら思ったんだけど、この映像が原作ではどんな文章で書かれているのか気になってしまった

なので、映画観た帰りに本屋に寄って買っちゃいました(๑・ω・)ノ

傷2−4

原作本!

最近、『百田尚樹』の『カエルの楽園』を読んでいて、読書欲復活の傾向になっているので、『カエルの楽園』ももうすぐ読み終わるので、試しに買ってみました(๑・ω・)ノ

もしこれでハマれば、まだアニメ化されていない『物語シリーズ』も何冊か有るから挑戦してみようかな(*´∀`)

未だ、物語ワールドは広がりつづけるのであったヽ(´▽`)/〜♪

コメント

非公開コメント

プロフィール

カムイ

Author:カムイ
ようこそ、辺境の地へw少しづつ進化して行こうとおもてますのでよろしくお願いします

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR